訃報と報告と決意

今日、お友達ワンコの訃報の連絡が入りました。
心臓の病気でした。


モコも今年で10才、二桁に突入です。
実は今年の春から報告できないことがあります。


今年3月から心臓の薬を飲み始めました。
ワクチンの時に心音を聞いた時に雑音が・・・

半分チワワが入っているしそろそろ心臓の検査をしなくちゃねぇ~
と思っていた矢先でした。

念のため一週間後にもう一度心音を聞いてから
血液検査、心電図、レントゲンを撮ることに。


やはり心雑音は消えず検査。
006_convert_20161022230016.jpg

レントゲンにハッキリと心肥大が、しかも両心臓。。。
009_convert_20161022230041.jpg

いままでの生活の中で大きな変化は見られなかったものの
夏の散歩でハアハアいうタイミングが少し早くなったような・・・
という感じくらいで他はまったく変化なし。

まず左心臓が肥大、それを補う為に右も大きくなってしまうという順番。
いつ左が大きくなったのだろう、
右はいつ大きくなり始めたんだろう。。。
息が苦しかったときあったのかな、
いままでそんな場面見たことないのに
ただ気が付いてあげられなかっただけなのかな・・・
など、いろいろ自分を責めることばかり。
012-1_convert_20161022231343.jpg

先生から今の状況と処方薬の説明をしてもらい、
念ためしばらく1週間おきの通院となりました。
心臓病のサンプルフードもいただきました。

強心剤と血管拡張剤を一錠づつ。
まず、この薬で合うのかを見極めなくてはなりません。
014_convert_20161022230216.jpg

もう、競技会はムリだね・・・頭を過ぎります。

先生にも激しいのはもう止めた方が・・・
と言われたのですが、よく話してみるとアジリティと勘違いしていました。

モコのやっている競技の内容を伝えると
それならば続けたほうが良いと言われました。
ただし、無理はいけません。

続けたほうが良いというのは
心臓は筋肉なので運動を控えると筋肉が落ちてしまうそうです。
つい、心臓が悪いというと運動を控えてしまうけど
ほどよい運動は筋肉維持のため必要だということです。
016_convert_20161022230346.jpg

訓練競技会は続ける
でも、その選択が本当に良いのかどうかは分かりません。
続けるとは言ってもガンガン練習してトップを狙うなんてことはしません。
あくまで楽しく、そして思い出に残るように
後悔の無いようにやっていきたいといもの。

3月に見つかった心臓肥大の診察も
始め1週間毎から2週間毎になり、今では4週間毎になりました。

春に診断されたのにナカナカ報告できなかったのは
多分、書き記すのが怖かったから。
自分の中で整理が付かなかったのかも知れない。

今年の猛暑、隣に寝ているモコが少しでもハアハアしてると
気になって落ち着いて寝るまで見守っていたので
今年の夏は寝不足でした。
017_convert_20161022230329.jpg
でもでも、だからこそ
今年はいろんな事にチャレンジしようと思ったのもしれません。
後悔のないように。

競技会だってせいぜいあと1~2年だと思うので楽しみたい。
お馴染みの所はもちろん、いろんな所にも行ってみたい。
モコグッズだってもっともっと。
今年はモコワンピあまり作れなかったな、でも作るよ。

まだまだ頑張ります

ランキングに参加中です
見たよ!のポチッとしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ジャムが旅立ってからモコママさんには色々とお世話になりましたv-436ありがとうございますv-238

秘密基地一家は慌ただしい毎日を過ごしながら前進しています。娘もいるので前進せざるを得ないといいますか・・・
ただ、一人になっちゃうと思い出しては涙がでちゃうけどv-406

モコちゃんも心臓病が発覚してしまったのね。
モコママさんの愛情と手厚いフォローで、モコちゃんも長生きできると思うよ!
うちができなかった事、たくさんして下さいね。楽しんで下さい~v-238
病気に対するアプローチは色々あって正解はありません。あるとしたらモコちゃんに一番合っているかです。

ジャムは旅立ってしまったけど、本当はもっと寝たきりの生活だったり苦しかったりする位状態は悪かったけど、とっても元気でした。ジャムにはあの生活が合っていたのだと今なら思えます。

モコちゃんもモコママさんも、無理せず楽しく良い状態を長く続けて下さい。ずっと妹を見守ってるよ!!

★kaedeさんへ

残酷なのか優しいのか、慌ただしさというのは悲しみを一時忘れさせてくるものです。
一時でも忘れることは悪い事ではないと思いますよ。
泣いてばかりいるより、心の休憩が必要ですもの。

ぷりんちゃんよりもジャムちゃんの方が付き合いが長いんだものね
それもいつかぷりんちゃんの方がジャムちゃんを越えていく。
きっとそれが前進ということなんだろうね。

私も気持ちの整理をつけなくちゃいけないと思いながら
なかなか報告できなくていたけど
大きな病状変化もないしちょっぴり病気との付き合い方が分かってきたような・・・。

以前から病院では小型犬の筋肉じゃないって言われる位筋肉ついてたので
kaedeさんが言うとおりその子に合ったフォローが一番なんだと思います。

もう少し年齢がいったときの急激な筋肉低下の方が心配です。

kaedeさんの言うとおり、毎日を大切に無理せず大切によい状態を長く続けていけるように頑張ります。

これからもよろしくね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)