これからの犬生に思うこと

急なお別れでチョコちゃんママは大丈夫かな。
15日の火葬後16、17日はパパが居るので安心だけど・・・
とりあえず、今日の午後に顔を出してきました。
無理して片付けなんかしなくてもいいのに・・・
何かしていないとダメみたい。
きっと私もそうなる・・・


でもこの事がなくても最近思っていたことがあって
モコが9歳を迎えこれからどうやって過ごしたら一番いいのか
って思っていたのです。
モコの場合はMIX犬で一般的に丈夫といわれていますし
小型犬なので大型犬よりは年をとるのがゆるやか。


動物の一生の心拍数は20~23億回と言います。
心拍数が少なかったり寝る時間が長い動物が長生きするのは
そんなところに理由があるのかと。
のんびり屋でよく寝ていたチョコちゃんは
キャバリアではとっても長生きだったと思う。
それに比べモコはいつでも全力で、しかも怖がりだから常に心臓バクバク状態。
長生きしてもらいたいのは当然なのだけど

厳しくても楽しい訓練、大好きなボール遊びなどを我慢させてまで
それでも長生きをしてもらいたいのか?
たとえそれらを我慢させたとして、
それがどの位寿命が延びるのか、それは誰にもわからない。

モコのお誕生前にそんな事を考えて
楽しい事は無理せずにやらせてあげよう~
もしも・・・
いや、絶対来るのだけど、お別れのとき語りつくせないほど
誰にも負けないくらいの沢山の思い出を語れるようになろうって決めました。
010_convert_20151121212603.jpg
いつまでもこの笑顔を見続ける為に。
笑顔の無い人生(犬生)じゃつまらないですからね

ランキングに参加中です
見たよ!のポチッとしてくれたら嬉しいです

   
にほんブログ村 犬ブログ ポメチワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

うんうん。短くたって充実した楽しい犬生の方がいいと 私も思います。
それに、激しい運動を抑制したからといって、それがどれだけ長寿に関係するか分からないですしね。

「寝る時間が長い動物は長生き」っていうのは、ほぉ~~と感心しました。
以前、TVで 誰かが「亀が長寿なのは動かないからだ。だからオレは健康法として極力動かない」とか言ってる人がいて(笑、その時は バッカじゃないの(笑、とか思ったのですが これってやっぱり一理あるのかな~~と思いました。(^ ^

★あーさんさんへ

私も楽しい事を制御してまで長生きをとるよりも楽しい思い出を沢山のほうがいいと思います。
でも年齢が進むにつれ考えが揺らいでくるのも事実。
特にモコはいつでも全力なので心配なんです。

このことは以前から考えていて、改めて自分への誓いみたいな感じで書きました。


そうそう、亀は解らないけど私が調べたものに
ねずみは毎分600回の心拍数なので4年の寿命
ゾウは毎分40回の心拍数なので70年の寿命って書いてあるのがありました。
計算はして無いけど・・・

いわゆる老衰っていうのもそんな感じで心臓が心拍数限度になるのだと思いました。
とくに心臓疾患が無い限りは、大病しないで天寿を全うさせてあげたいと思ってます。
それが一番、双方の幸せだと思いますからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)